といれたす公式ブログ

【タイル初心者もできる】簡単DIY!自分でタイル貼り Part4.目地材を扱う

2018.05.20 Sunday

前回、Part3.タイル貼りではタイルをうまく貼ることができました。タイルがしっかりと貼れた!と思いますので、いよいよタイル貼りの花形作業のタイル目地材を扱いますよ。タイル貼りは楽しい!

 

 

 


Part4 タイル目地材を扱う

:タイル目地材の使いこなし、水加減などを学ぶ

 

壁にタイルを貼った時の写真を参考にお伝えします。

■タイル目地材を扱う 作業(目次)

(1)表紙貼りタイルの紙はがし

(2)目地材をつくる

(3)目地材を埋める

(4)目地材を拭く

~~完成~~

 


(1)表紙貼りタイルの紙はがし

タイルが表紙貼りのタイルの場合は表面についている紙を剥がす必要があります。

 

 

紙を剥がす作業は簡単です。水を含んだ雑巾やスポンジで紙を濡らしていきます。

 

 

すると、紙が水分を含み濃くなっていくのがわかると思います。

 

 

水に湿らせ3分ほど待ち、紙を剥がしていきます。

 

 

すると、白いタイルが出てきましたね。タイルはしっかり壁についています。

 

 

全ての紙を剥がすと、タイルとタイルのスキマが空いたタイルが出てきましたね。

 

 


(2)目地材をつくる

いよいよ、目地材を扱います。まずは、目地材を作ってみましょう。

 

使う道具はこちら。

 

 

目地材をボウルなどの容器にいれます、大きな袋に入っている目地材はお玉を使えば便利です。

 

 

バサ

 

 

秤で重量を測りながら、目地材を入れていきます。

 


目地材は水と混ぜながらなじませます。

 

 

計量カップなどを使って、水の量を正しく測ってから目地材と混ぜましょう。

 

 

 

目地材+水


目地材と水が入ると、混ぜていきます。

 

 

箸や泡立て器などでかき混ぜます。使いやすいものをご使用ください。

 

 

練っていくとマヨネーズより少し固いぐらいの硬さになってくるといよいよ、目地入れです。

 

 

(3)目地材を埋める

作った目地材をゴムへらなどを使って、タイルとタイルの隙間に流し込んでいきます。

 

 

 

 


一粒のタイルの四隅が見え隠れするぐらいまでしっかり入れます。

 

 

ワークショップで、鍋敷きなど小物に目地入れする時とやり方は同じです。

 

 

 

 

目地材が乾いてくると、スポイトで水を少々加えて、目地材の硬さ加減を調整しましょう。

 

ヘラが使いにくいときは、ナイロン手袋を装着した手で目地材を埋めても大丈夫です。

 

 

目地材が入りました。

 

養生シートをしているので、少々の目地汚れは大丈夫ですね。

 

 

(4)目地材を拭く

ボウルとスポンジを用意します。

 

目地材を入れて半乾き(時期にもよるが20〜40分ほど)になったら、タイル表面に残った目地材を水を含んで固く絞ったスポンジで丁寧に撫でて拭き取ります。

 

タイルの四隅がしっかり出るように目地材を拭き取ります。

 

 

ポイントはスポンジが目地材で汚れたら

 

 

こまめに洗い、スポンジを固〜く絞ること

 

タイル表面の汚れは気にせず、タイルの四隅が出ることを心掛けましょう。

 

 

 

 

 

スポンジを使っての目地材拭き取り作業終了です。

 

 

続いて、マスキングテープを剥がします。

 

 

養生シートも剥がします。

 

 

 

 

 

目地材のでっぱりが気になるようなら、割り箸で削っていきます。

 

 

仕上げは乾いたティッシュペーパーでタイル表面の汚れを落として、

 

 

出来上がり、完成です。

 

 

ステキなタイル手洗い器になりました

 

 

緑を添えたら、華やかさUP

 

 

 


タイル貼り4つのポイント

(1)タイルを選ぶ:貼りたい場所、空間にお好きなタイルを合わせる

(2)道具を揃える:タイル作業に使う道具、あると便利な道具を知る

(3)タイルを貼る:タイルの貼り方についてコツやポイントをつかむ

(4)目地材を扱う:タイル目地材の使いこなし、水加減などを学ぶ

カテゴリ:DIY

関連記事

といれたす岡山店
〒700-0924 岡山市北区大元2丁目2-7
営業時間 10:00〜17:00 | 定休日 日曜・祝日
といれたすはトイレリフォームと、トイレを彩る雑貨・アクセサリの専門店です。リフォーム・商品に関するお問い合わせはこちらから。
お問い合わせ

TOTOP