2017.09.30 Saturday

2017年9月26日〜27日にかけて、和歌山県海南市で開催の第10回秋の合同商談会に参加してきました。優れたデザインや品質のいいトイレタリー商品をたくさん見てきましたのでご紹介します。

 

曇り空の中まずは、オカトーさん。

 

 

 

たくさんのトイレマットに囲まれた素敵なショールーム

 

 

人気どころのデニム調や

 

 

SHIBAFU、芝生ファブリックシリーズ

 

 

もちろん、定番のバラ柄やモンステラも根強い人気。

 

 

他にも、便器の形にあったミミのない異形のフリーマットも種類豊富で人気。

 

 

かわいらしいシェルマットもありました。淡いカラーがといれたすの雰囲気にピッタリ。

 

 

 

そしてこちらは新作、レザーやコルクのマットやスリッパ。

 

 

ギンガムチェックとタータンチェック、ベーシックデザインでナチュラルトイレの雰囲気

 

 

フリーマットはトイレだけではなく、コンパクト手洗い器前に敷く方も多いようです。

 

 

続いてはサンベルムさんへ。

機能性の高いマットがありますよと紹介してもらいました。いきなり実験です。マットに水をこぼして、

 

 

すると、マットにしみ込むことなく、マットの上に水が溜まっています。

 

 

雑巾や布で水をふき取ることができます。水をはじきやすい撥水加工の

 

 

Pally Pally トイレマットでした。

 

 

本日最後の3件目は、オカさん。

 

 

 

人気No1はコチラ、エトフ!毛足は短め、北欧風のお花をデザイン。

 

 

便座カバーは内モモまでしっかりとガードの優しさ。

 

 

そして、何と言っても乾度良好シリーズは充実。ステキなショールームでした。

 

 

 

翌日は、ヨコズナクリエーションさん。こちらもオシャレなショールーム

 

 

 

トイレマットの人気カラーはコチラ4色、ピンク・グリーン・アイボリー・ブラウンが人気。

 

 

そして、無地色は他にもカラー展開が豊富。お店の展示でもトイレブラシ・ポットに便座カバー、トイレットペーパーホルダーやスリッパ、マットすべて揃っていれば見ごたえありますねとのこと。

 

 

柄物も種類豊富でやはり定番の”バラ柄”

 

最近の流行トレンドは左上タイル、右上ブルックリン、左下キリム、右下モンスタリア

 

そして、これからグッとくるのがフラミンゴ!らしいです。

 

 

レギュラーサイズはホームセンターでも購入できますが、ミニサイズやロングサイズはあまりないとのことで、このあたりをネットで探されているお客様も多いとのこと。

 

 

といれたすでもミニマットやロングマットを検討したいですね。

 

 

 

トイレブラシや

 

 

トイレ関連グッズもたくさんありました。

 

 

 

 

そして最後はサンコーさん。

 

 

置くだけ吸着マットなど沢山みせてもらいました。写真はNGでしたのでカタログにて。

 

 

 

時間の都合で5社の見学となりました。それぞれの会社で特長がいろいろ。トイレタリーグッズにもたくさんの種類があるものだなと感じました。

 

 

そもそも、なんで

和歌山県北部、沿岸部に位置する海南市(かいなんし)、この商談会イベントを開催していただいた海南特産家庭用品協同組合には100社以上のトイレタリーなどの家庭用品を取り扱う企業が加盟しているようで、なんで、海南市にはたくさんのトイレタリー、家庭用品があるのかなと思いきや。

 

その昔、弘法大師が唐から持ち帰ったシュロの苗を高野山に行く途中、海南市に植えたことに始まると言われ、

そこから海南市がシュロを用いた、たわし製造から日用雑貨品キッチン(たわしやスポンジ)バス(マットやボデタオル)トイレ(マットや便座カバー)など水回り関連日用品が盛んになったようです。勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:取材記

イベント情報は、フェイスブックの「いいね!」登録が便利です。