といれたす公式ブログ

【はじめてでも解る、トイレ手洗器ガイド】カジュアルトイレにシンプル手洗器「クレセント(真っ白)」を設置 <手洗器設置・パート4>

2016.01.17 Sunday

といれたすトイレモデルルームに手洗器を設置シリーズ、第4話。

といれたすでコンパクト手洗器、1、2を争う人気のボウル「クレセント」。壁面側が直線になっていて、手洗い側は半円状、奥行きが18センチの超コンパクトタイプ。間口90cm、0.4〜0.5坪のトイレ、出入口が正面タイプでも楽々設置可能で狭さを感じさせないのが、大人気の理由です。

カジュアルトイレモデルルームに設置しました、完成写真です。こちらも給排水工事はしていないので水は流れません。
s-IMG_0521.jpg


先日、壁フレッシュペイントした、パステルな感じとボウルの色リアリーホワイトの清潔感がマッチして、元気で楽しい感じになっています。


↓↓↓水栓部材の説明、設置手順をご覧ください。↓↓↓


 

今回も取付部材の紹介を初めての方でもわかりやすい、*【ボウルの選び方】*に沿って説明します。


1.まずは、独立した手洗器を設置するかどうか
トイレはタンクレスなので、手洗器が必要となります。


2.取り付けたい場所の確認
トイレルームにコンパクト手洗器を設置。トイレの間口は80cm奥行き169cmで正面入り口なので、手洗器のサイズ奥行き25cmから選びます。


3.手洗器を選びます
トイレはカラフルなファブリックを使い、にぎやかで明るいトイレ。壁は以前、壁フレッシュでパステル調にペイントしました。0.5坪トイレ出入口正面なので、ボウルは奥行きが25cm以内、デザインはシンプルで丸みを帯びた、クレセント リアリーホワイトを選びました。
s-IMG_0449.jpg

シンプルなデザインでも、素材感たっぷりでとても雰囲気があります。

カラーバリエーションは、他にもで
灰白青鈍(あおにび)ブラウニーピスタチオ、そしてリアリーホワイトの計5種類。

*ボウル選びはとても悩みますが、トイレ空間にマッチしたテイスト、デザインをみつけましょう。どうしても迷われた方への決め手は『第一印象』、一番初めにこれと思ったものがベストです。



4.手洗いカウンター選び
手洗器が置き型なので、カウンターが必要になります。手洗器クレセントには専用のカウンター(2種類×2色)があります。
ボウルを真っ白なリアリ―ホワイトにしたので、ボウルに合わせ、色が白のベーシック・アンティークホワイトを選びました。
s-IMG_0460.jpg
※カウンターサイズ奥行150×幅500×高さ30mm。天然木(無垢/ウレタン塗装)
55mm径の穴が開いています。棚受2個、取付ネジ、そして取扱説明書も付いています。

ベーシックの2種類の違いは簡単に、角ばった感じか丸みのある柔らかな感じかの違い、好みの色でボウルと合すも良しですね。
丸:ベーシック ナチュラルベーシック エイジング
角:ベーシック アンティークホワイトベーシック チークカラー


カウンターとクレセントボウルを固定する、置型手洗器固定金具もお忘れなく。
s-IMG_0468.jpg


続いて、
5.水栓選びです
手洗器クレセントにあう水栓は、色仕上げがニッケル、ブラス、ブロンズから選べ、スタイリッシュな立豆栓横豆栓または、シンプルデザインの立水栓トールタイプ 721-211-13 が、蛇口のスパウト高・スパウト出を考えて、よく合いオススメです。

そこで、今回は壁給水への設置をイメージして横豆栓、色仕上げはニッケルを選びました。泡沫金具つきで、水の飛び散り防止と節水の効果があります。
s-IMG_0466.jpg



6.給排水金具について
手洗器、カウンター、蛇口が選べたら最後に給排水の部材です。給排水には方向といって、接続が壁か床によって部材も変わってきます。

(謬訖×壁排水、∧謬訖×床排水、床給水×床排水
タイプはこの3パターンになります。わからない場合は工務店さんに聞いてみましょう。

今回は∧謬訖×床排水で部材を選びます。
そして、色仕上げもブロンズ、ブラス、クロームから選べ、今回は
Sトラップ25mmクロームを採用します。
s-IMG_0469.jpg
排水栓はトラップとセットになっています。

水栓を壁付型を選んだので、給水管は必要なし。
[給水:今回は壁付型水栓のため、必要なし]


[排水:今回は床排水用を選ぶ]
Sトラップ25mmクローム(床排水用):排水管と手洗器を接続。
トラップにはサイズが25mmと32mmがあります。手洗器によって違いますので、確認しましょう。



※壁給水の場合はアングル止水栓+接続銅管、壁排水の場合はPトラップを使用します。



7.取付は工務店、水道屋さんに任せましょう。
といれたすリフォーム対応エリアでは取付までいたします。また、といれたすでは施主支給にも対応しております。施主支給とは、「施主、お客様ご自身で部材を手配、準備して、施工会社に支給して工事してもらうこと」

施主支給の進め方* このような感じで自分の好きな気に入った部材を用意、後は工務店さんに渡しましょう。図面もお忘れなく。図面はといれたすオンラインショップの各商品ページの下部からご覧いただけます。
s-IMG_0473.jpg



それでは手洗器の取付です。

 まずは手洗カウンター取付高さを決めます。手洗器の設置高さについては、次の資料を参考に取り付けてもらいましょう。 LIXILさんのサイトです。2406 洗面器手洗器 あふれ面高さカウンター高さ.pdf
s-IMG_0476.jpg



プランニングのポイントも解説があります。参考にしたいですね。
s-IMG_0474.jpg


高さが決まれば、カウンターの取付です。
s-IMG_0451.jpg


棚受を取付ネジで固定して、
s-IMG_0487.jpg



取付スタッフもついつい熱が入ります。
s-IMG_0481.jpg



置型固定金具でボウルとカウンターをしっかり止めます。
s-IMG_0495.jpg



そしてSトラップ25mmクロームを取付。
s-IMG_0498.jpg



横豆栓にシールテープを巻いて、蛇口を取り付け。
s-IMG_0510.jpg


そして、完成です。
s-IMG_0519.jpg





パステル調の壁とシンプルなボウル、シルバー系の蛇口、排水が良い雰囲気です。
s-IMG_0525.jpg





手洗器の奥行きが18cmなので、狭いトイレでも設置可。コンパクトながら手洗器の高さは14cm。
s-IMG_0537.jpg




実際に手を入れてみましょう。コンパクトながら奥深くまで手を入れやすい形状なので、水はねしにくくしっかり手洗いできますね。
s-IMG_0570.jpg



蛇口はハンドルで左右に操作。トイレモデルルームで給排水工事していないので水は出ません。
s-IMG_0571.jpg

トイレは毎日使うところです。清潔にしたいのは当たり前ですが、トイレにもおしゃれを取り入れたいですね。
手洗器クレセントを設置することで、トイレで手を洗うのが楽しくなります。



<商品紹介>
手洗器 クレセント リアリーホワイト
手洗器 クレセント リアリーホワイト
単水栓 横豆栓 ニッケル

手洗器用Sトラップ(25mm) クローム

手洗器用Sトラップ(25mm) クローム




セットもあります!ボウルの色は選べます。
★ 手洗いユニット ベーシック おすすめ一式セット
<床排水、床給水のタイプ>
手洗いユニット ベーシック おすすめ一式セット



<<店舗情報>>


岡山市北区大元2-2-7(地図
TEL:086-242-6175
営業時間: 10:00〜17:00
定休日: 日曜・祝日
駐車場: 7台

といれたすには、トイレのモデルルームとして4つのテイストのトイレルームが展示してあります。
 
カテゴリ:モデルルーム

関連記事

といれたす岡山店
〒701-0151 岡山市北区平野 909-1 セントラル参番館 1 階東
電話番号 086-236-6175 FAX番号 086-259-1178
営業時間 10:00〜17:00 | 定休日 土日・祝日
といれたすはトイレを彩る建材・雑貨の専門店です。商品・リフォームに関するお問い合わせはこちらから。
お問い合わせ

TOTOP